趣味のためのSketchUpサイト > 定例会 > 【SketchUp】スケッチアップユーザーグループミーティングでまさかの大コケ
定例会

【SketchUp】スケッチアップユーザーグループミーティングでまさかの大コケ

主催者が忙しいおり、時間を縫ってSketchUpユーザーグループミーティングがありました。

私はついて行くだけですが、午前中の初心者(私もそうですが)講習のご苦労もあるかと思います。

基本的なスタンスは、ギブアンドテイクで、技能の持ち寄りですから、

自分も何かお題を出さなければなりません。

今回は、プラグイン、インスタントルーフを使った屋根面の半自動描画ということで、

AppleScript(MacOSバンドルの簡易言語) 

Script Debugger(プレゼンのためのプログラムステップ実行&バグ取り用ソフト)

cliclick(UNIX実行ファイル、モニターを座標と見立てクリックするソフト)

インスタントルーフ(SketchUp ver8上で動くプラグイン)

スケッチアップ ver8

という順番でデータを受け渡して行きます。

自宅で一度、iMacを持参して現地で一度動作テストをして、プレゼンに望みました。

コネクタをお借りして、プロジェクターにいざつなごうとしたら、口径が合わないのです。

iMacの出力は、mini DP(DisplayPort)ポート = サンダーボルト(Thunderbolt)です。

たぶん、|□|のマークがありましたから、DPポートだったのではないでしょうか。

自分でポートを用意しなかったのはぬかりました。

中国で「借花献佛」という諺があるそうです。「他人の褌で相撲を取る」のは頼り過ぎでした。

自分で用意していかなければなりません。

思わぬところに落とし穴がありました。自分で嵌ってしまったわけです。

次回は、これに加えて、見積もりに使えるレポート生成機能、展開図作成のプラグインUnfold Toolを

使って折り紙をしてみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

SketchUp

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2016年5月6日金曜日 07:07:13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)