趣味のためのSketchUpサイト > 定例会 > 【SketchUp】ユーザーグループミーティングにて
定例会

【SketchUp】ユーザーグループミーティングにて

私が前回聞いた内容ではこのようなものがありました。今回は

  • 三次元プリンターの話
    SketchUpからデータを送出して三次元でモデルを生成 
     
  • 実用的なレンダリング手法
  • Podiumを使ったレンダリングの実際 
  • クリーンルームでの構造設計の話 
  •  避雷針のプレゼンに使った話
  • SketchUpとLayOutを連携させて展開図、建具表を書いた話 

などなど、色々有用なお話を多々お聞きしました。

セキュリティーの関係上公開出来ない部分がありますが、可能な範囲で、かつ私のスキルが

到達する範囲で後日記事を書いて行きたいと思います。

上記で特に印象に残るプレゼンテーションでは、SketchUpとLayOutの連携の話です。

SketchUp(三次元)で描画しそれをLayOutにデータ送出して展開図、建具表を仕上げ、

その際に壁面仕上げ等のラベル(仕上げの名前)もSketchUp → LayOutに承継(引き継がれる)

機能に前回に続いて驚き、また感心しました。

通常私の常識では、CADと言っても配置図、平面図、断面図、展開図は連携していません。

同期していないのが普通です。ですから、図面が仕上がったあとでおのおのの関連性に

間違いが無いかを確認するのに大変骨が折れます。それが三次元図から各部を切り取ってきますから

統一性に間違いが出る確率がほとんどなく、一方通行ですが、SketchUpデータを直せば

リロードする事無く(ver 2015から)LayOut.appデータに反映されます。

前提条件としてシーン登録、描画線の強弱の指定、グループ化、コンポーネント化が必要ですが、

データの連係、同期は大変魅力的な機能です。

万能な機能は持っていませんが、コストパフォーマンスでも妥協出来る範囲であると言えます。

──────────後日談

訂正します。SketchUp ver2015 → LayOut 15.0でもデータが自動更新されません。

更新をするか?と打診されます。そして更新のボタンを押すと更新されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

SketchUp

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2014年11月26日水曜日 07:56:04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)