趣味のためのSketchUpサイト > プレゼンテーション > 納まりの説明にはSketchUpが適
プレゼンテーション

納まりの説明にはSketchUpが適

設計の者に納まり(ディティール)を説明する時にはホワイトボードに図を描いて説明するのですが

ホワイトボードに描くのは簡単で便利ですが、二次元ですので説明出来ない部分が出てきます。

そこで手間がかかりますが、部品を作って合成図にして納まりを説明したのが下図です。

見えない部分はオービットで反転し、さらに見えない部分はXレイモードとレイヤで対応します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イメージイメージ 3

イメージ 1イメージ 2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2014年11月21日金曜日 08:53:53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)