趣味のためのSketchUpサイト > プラグイン > 【プラグイン】numb テストCrayonSyntaxHighlighter
プラグイン

【プラグイン】numb テストCrayonSyntaxHighlighter

WordPressのプラグインでCrayonSyntaxHighlighterというものがあります。

これはWordpressで作成されたサイト上で構文(コンピューター言語)を表示させると

サイトが誤作動をすることを回避するために構文と認識されないように表示するための

WordPressのプラグインです。それをただしく使うためには一旦ブラウザでログインしてから、

構文をコピーアンドペーストしなければなりませんから面倒ですので、

いきなりブログエディターでアップロード出来ればブラウザを回避出来るので便利かなと

思いましたがCrayonSyntaxHighlighterの機能は残念ながら発揮出来ませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[crayon]

# Name : Numb 1.1

# Description : add consecutive numbers on click

# Author : TBD

# Usage : select from the menu, left click to add text,

# enter in VCB the start number, right click to change increment

# Date : 01.Jul.2oo4

# Type : tool

# History: 1.1 (02.Jul.2oo4) – added support for right click (change increment)

# 1.o (12.Jun.2oo4) – first version

class Numb

# initialize on tool activation

def activate

   @ip = Sketchup::InputPoint.new

   @iptemp = Sketchup::InputPoint.new

   @displayed = false

   @number = 1

   @increment = 1

end

# on MouseMove display InputPoint and update VCB

def onMouseMove(flags, x, y, view)

   # show VCB and status info

   Sketchup::set_status_text(“Numb::Click to insert text”, SB_PROMPT)

   Sketchup::set_status_text(“Number”, SB_VCB_LABEL)

   Sketchup::set_status_text(“#{@number}”, SB_VCB_VALUE)

   # get position in the model

   @iptemp.pick view, x, y

   if( @iptemp.valid? )

changed = @iptemp != @ip

@ip.copy! @iptemp

  

@pos = @ip.position;

  

# view update?

if( changed and (@ip.display? or @displayed) )

   view.invalidate

end

   end

end

# on left click add text

def onLButtonDown(flags, x, y, view)

   # add text

   Sketchup.active_model.entities.add_text(@number.to_s, @pos)

   @number = @number + @increment

end

# on right click add text

def onRButtonDown(flags, x, y, view)

   # display input dialog (inputbox needs array)

   result = inputbox [“Increment value”],[@increment]

   return if not result

   @increment = result[0]

end

# on user text in VCB modify number to be displayed

def onUserText(text,view)

   begin

value = text.to_i

rescue

# Error parsing the text

UI.beep

value = nil

Sketchup::set_status_text “”, SB_VCB_VALUE

   end

   return if !value

   @number = value

end

# update the view

def draw(view)

   if( @ip.valid? && @ip.display? )

@ip.draw view

@displayed = true

   else

@displayed = false

   end

end

end# class Numb

#—————————————————————————-

# add menu items

if( not $numb_menu_loaded )

   add_separator_to_menu(“Tools”)

   UI.menu(“Tools”).add_item(“[TBD] Numb”) { Sketchup.active_model.select_tool Numb.new }

   $numb_menu_loaded = true

end

[/crayon]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

SketchUp

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2014年11月4日火曜日 08:44:46

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)