趣味のためのSketchUpサイト > 見積もり計算 > 見積に使うレポート生成時のエラー回避では
見積もり計算

見積に使うレポート生成時のエラー回避では

SketchUpで材料の拾いをする事が多くなりましたので、この機能を利用して

見積に生かしたいと常々考えています。

いただいた図面をもとに、SketchUpで簡単な図面を作図し、それをレポートに生成

(CSV形式で吐き出す)させれば複雑な拾いが楽になります。

SketchUpのヘルプでは、こうですが、

レポート生成

PRO レポートを生成

コンポーネントに埋め込まれたメタデータを使用して表形式のレポートを作成できます。

SketchUp Pro 7 では、すべての名前付きエンティティとそれらの属性の詳細なリストを

HTML 形式または CSV 形式のいずれかでエクスポートできます。

エクスポートしたファイルは、お気に入りのスプレッドシート アプリケーションで使用できます。

コンポーネントを作らないと、レポート生成が出来ない。というふうにも読み取れます。

SketchUp 7.xとMacOS 10.6.xではレポート生成をしていますが、

SketchUp 7.xとMacOS 10.8.xでは、まだやっていませんでしたので、試してみました。

すると、このようなエラーが出ます。

ジオロケーションエラー

レポート生成時エラー

では、と、同等の機能を持つプラグインで試してみてもエラーになります。

ジオロケーションエラー

プラグイン使用時エラー

このエラーナンバーを調べてみると「ジオロケーションエラー」と言うことがわかりましたので

ここからSafari+Gmailでログインすれば、ジオロケーションエラーを回避できるのでは?

ということで、説明通りにしてみると、エラーが回避されました。

レポート生成になぜジオロケーションが必要かの原因はわかりませんが。

──────────見積拾いを簡単にするために考えている事

すべての項目をレポート生成でCSV形式で吐き出して、Excel形式にして

不要な列をAppleScriptで削除する作業をパターン化する。というものです。

回数が少ないと手作業のほうが構文を考えるより楽ですが、

回数が増えてくると、その方が便利でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 15:32:36

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)