趣味のためのSketchUpサイト > 未分類 > SketchUp姿図の大工の評価
未分類

SketchUp姿図の大工の評価

先日鎌倉市の住宅のリフォームでウッドデッキの取付をする機会がありました。

私は施主と施工者である大工の中間にたって調整をする仕事が有ります。

施主様には施工費とデザインの提示、施工者である大工にはデザインと納まりを提示しなければなりません。

いずれの方にも口頭ではなかなか説明が難しいところがあります。

そのために、SketchUpで姿図を書いて説明することにしています。

ウッドデッキでは、出幅、高さ、手摺が有れば手摺、格子ののデザイン等を

打ち合わせしなければなりません。

私はSketchUpを施主にはイメージ図(細かいところ示しすぎると柔軟性を失うので)

大工には納まり図、(正面図、平面図、に寸法を細かく示すことができますので)

私にとっては、納まりと材料拾いに。(プラグイン/[TBD]Numb)

用途に応じて、アバウトに表現できたり、詳細に表現できたり、

任意に拡大縮小が可能で、細かすぎないところがSketchUpの便利なところだと感じています。

大工にはわかりやすいと、わりと好評です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

wooddeck

SketchUpデザイン図(右下の部は材料拾いのメモ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 13:59:52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)