インポート/エクスポート

SketchUpで構造図の作成では

ようやくプレカット業者からDXFデータが届きましたので構造図の作成にかかります。

土台伏図、二階床梁伏図、小屋伏図、母屋伏図、軸組がそろわないと構造図が出来ません。

流れとして

  1. SketchUpファイルにDXFデータを取り込み
  2. 不要なレイヤ、データを削除
  3. グループ化を解除
  4. MakeFace
  5. プッシュアンドプル
  6. 軸の設定

部品図が完成。というパターンで進んで行きます。

なぜ、時間がないかというと隣地境界からの軒の出が上棟の前までに

図面と構造図で確認をしなければならないからです。

これを図面の数だけ繰り返しますので時間がかかります。

SketchUpファイルへDXFデータを取り込んで図面が見えるようになるには

四ないし五分かかかります。

DXFはテキストデータですが、それをSketchUpの図面に変換するのに時間がかかる訳です。

これにはメモリーとCPUパワーの不足を感じますがやむを得ません。

以前プレカット業者からもらった図面では、土台等の材はグループ化で

注釈はグループ化してありませんでした。

そのため注釈の削除では時間がかかりましたが、今回からは注釈もグループ化されており

描画時間の短縮になりそうです。

土台伏図

土台伏図の作業の様子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 13:30:08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)