趣味のためのSketchUpサイト > プレゼンテーション > 3DPDFの代用としてSketchUpのエクスポート/3Dモデルの機能を使う
プレゼンテーション

3DPDFの代用としてSketchUpのエクスポート/3Dモデルの機能を使う

以前、SketchUpの3Dの図面を簡単に配布するために3DPDFを検討したことがありました。

汎用として皆さんが使っている、Acrobatリーダーなら三次元データの図を

皆さんに見ていただける訳です。

02/12 SketchUpの三次元データを三次元PDFファイルに書き出すプラグインは

Mac版ではUS版しかなく、扱いが面倒なようでしたので頓挫したままです。

ある日、ネット上を巡回しているうちに下記の記事を見つけました。

SketchUp8の基本性能だけで三次元データが書き出せるというものです。

また、読み込むアプリもGoogleが関与しているらしいので、連係もいいことでしょう。

7については書いていませんでしたが、実際に書き出しが出来るか試してみました。

SketchUp7で三次元データを開いて、ファイル/エクスポート/3Dモデル として

デスクトップに書き出すと、ファイル名.deaとなり、白紙(背景は黒ですが)の

アイコンになりました。それをダブルクリックすると、プレビュー.appで開きます。

それをプレビューの移動ツール(手のマークですね)で触ってみると回転ができました。

また、ほかのツールを使って拡大縮小ができます。

プレビューのファイルをPDFファイルへ別名で保存してみましたが、

三次元データにはなりませんでした。

SketchUp7(Mac版) → Windows ではもう少しやり方を考える必要があります。

しかし、面白いヒントをもらいました。もう少し試してみたいですね。

残念なことに、プレビューでは一部データの欠落がありますね。

[From iBooks Authourへの3D活用にSketchUpの勧め – Macテクノロジー研究所]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

SketchUp

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 13:26:14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)