趣味のためのSketchUpサイト > 高低差測量 > 一人で敷地の高低差を簡易的に計るには
高低差測量

一人で敷地の高低差を簡易的に計るには

寒川町「S」様邸のように当初から敷地に高低差がある場合に

搬出土量を見積時に計算で出すには高低差の測量が必要です。

高低差を調べてからSketchUpで現況を三次元で描画します。

いままで敷地にX方向、Y方向にテープを張ってオートレベルとスタッフを使い

二人掛かりで計っていました。

測定、記入の繰り返しで工数もかかるし能率的ではありません。

かといって高低差測量を行うのは契約前ですので費用がかかりすぎます。

そこで、「簡易高低差測量」でデジタル水盛り器を見つけました。

これなら一人で高低差を計ることができます。

該当敷地の簡易的な高低差を計り、基礎の底盤の高さを決めれば、

ブーリアン演算で搬出土量が求められます。

そうすれば見積時に過大だったり過小だったりすることがなく

現実に近い数値が算出されると思います。

[From デジタル水盛器ジップレベル25 基準点からの高低差をモジュールを置くだけで測定]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

SketchUp

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 13:18:08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)