趣味のためのSketchUpサイト > 面積計算 > SketchUp見積もりで床面積を拾うときに
面積計算

SketchUp見積もりで床面積を拾うときに

見積もりをするときには、部材数量を拾ったり面積を拾ったりすることがよくあります。

そのときに活躍するのが、このスケッチアップです。

施工図ではありませんので、精度の高い拾いは出来ませんが、

それでも、それに近い精度の拾いが出来ます。

今回はバルコニーの床面積を求めるのに、こちらが役に立ちました。

線ツールと円弧ツールで面データを作成し、既存データも見えるように

マテリアル不透明度50%のカラーにしました。

面積はウィンドウ/エンティティ情報から求められます。

壁面積もレポート生成で求められますが、後処理が面倒ですので

エンティティ情報から面積を求め、それをツール/テキストで図面上にメモし、

それをもとに電卓で計算した方が実用的ではないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バルコニー防水

図1

アール型のバルコニー

──────────後日談

上記で、床面積を拾うことができました。

しかし、防水には立ち上がり部分がありますのでこちらにプラスしなければなりません。

アール状の床では拾いがむずかしい部分があります。

それを、オフセットツールでやってみました。

便宜上立ち上がりを300ミリとします。

SketchUp、エンティティ情報では、床面積は9812111平方ミリ。

立ち上がり部分は、5001641平方ミリと表示されます。

ですので床は9.8平米、立ち上がりは5.0平米、合計で14.8平米となります。

ピンクの部分が床、赤の部分が立ち上がり部分です。

四隅の部分は実際には施工しない部分ですが、重ねの部分がありますので

誤差の範囲と考えます。

防水面積の拾い

防水面積の拾い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 13:11:42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)