趣味のためのSketchUpサイト > コンポーネント > SketchUpの描画時間節約では
コンポーネント

SketchUpの描画時間節約では

SketchUpで、描画をするときに床下換気口等は

今までは、プッシュ&プルで作図をしてきました。

ところが複数有るときには、同じ作業を繰り返しますのでいかにも煩雑です。

そこで、今回は練習も有りますので、Window Tools とコンポーネントを使って

手始めに床下換気口を描いてみたいと思います。

——————Window Tools の数値

枠は便宜上つけますので、巾 300、高さ 250 奥行き(基礎巾分)おおよそ150

格子の本数4本(格子窓として垂直方向が1、水平方向が4)

便宜上格子窓の外周枠が巾(見付)10ミリ厚みを10ミリ

中方立て(多分鉄製)インサートは基礎の厚みの半分で75ミリと仮定します。

いずれも外々です。

——————コンポーネントの数値

ドラッグ&ドロップがしやすいように数値決めをする必要が有ります。

GLからの方が簡単ですが、藤沢市旧モーガン邸は敷地に高低差がありますので

基礎天から、基礎天から換気口下端まで550とし、面に垂直で保存します。

保存場所は

/Library/Application Support/Google SketchUp 7/SketchUp/Components/

です。

/Users/homefolder/Library/Application Support/Google SketchUp 7/SketchUp

と似たようなフォルダが有りますので、注意が必要です。

これがファイルサーバーに保存して使う事が出来れば、共有できるのですが。

良いアイディアがあれば教えていただきたい物です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

SketchUp

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 12:58:23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)