趣味のためのSketchUpサイト > 描画のヒント > SketchUpで構造図を描いて梁の補強を考える
描画のヒント

SketchUpで構造図を描いて梁の補強を考える

今月はSketchUpを使う機会が多いですね。

「Y」邸の梁の補強を検討してみました。

  1. 平面図と既存立面図のZ方向のガイド
  2. 見にくいので立面図の画像を消して寸法線表示のみ
  3. 既存柱と既存二階床梁
  4. 新規柱と既存床梁
  5. 既存柱と既存床梁
  6. 新規柱と既存床梁

こうしてみると、新旧の平面図だけでは分かりにくい

梁の補強の必要性が、ちょっとは分かりやすくなると思います。

レイヤ分けによって表示非表示を切り替えてみやすくしてから

検討します。

この場合CAD図(DXF)をSketchUpに取り込みますので

そのデータがあったほうが作業が早く進むと思います。

文字データの取り込みは出来ませんから、通り芯をナンバリングするのには

[TBD] Numbをつかいますが、作業の途中にほかのツールを使うと

また1からカウントを始めるのがちょっと困ります。

途中の状態を記憶しておいてほしいですね。

──────────後日談

サーバー側の問題で画像データを失ったのは痛いですね。残念ながら表示出来ません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

SketchUp

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 06:40:03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)