趣味のためのSketchUpサイト > 描画のヒント > フォローミー > 藤沢市旧モーガン邸 作図の仕方 手順4
フォローミー

藤沢市旧モーガン邸 作図の仕方 手順4

実際の藤沢市旧モーガン邸の図は複雑な屋根形状ですので

作業手順を説明するのに適当でありませんから別図に書きます。

自分ではこれが一番能率的な作業方法だと思い込んでいますが

もっと優れた方法があるかもしれません。

その場合はぜひ教えていただきたいと思います。

  1. 軒先の図形をフォローミーツールでガイドラインに沿ってドラッグ
  2. 軒先の完成
    寄せ棟の作図ですが
    ガイド線(メジャーツール)を使って書くというのもありますが
    三次元上で交点をあわせるのに神経を使いますので
    天井面をテンプレートにして屋根勾配(この場合は5寸)にあわせて立ち上げます。
    全体の形が崩れといけませんから、テンプレートはグループ化しておきます。
  3. グループ化したものを分解します。
  4. モデルと交差します。
  5. 余分な面と線を削除します。
  6. 屋根面、(野地面)の完成
  7. 屋根瓦のテキスチャを張り付けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

SketchUp

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 03:36:21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Optionally add an image (JPEG only)