趣味のためのSketchUpサイト > 描画のヒント > SketchUpで構造図を描く
描画のヒント

SketchUpで構造図を描く

寒川町「S」様邸の各種伏図を書いています。

各図面を一部調整して図面を三次元で合成し、外観図、内観図とあわせてチェックします。

平面図ではなかなか確認しずらいところをチェックしやすいのが

三次元CADSketchUpのいいところです。

データ量が二次元と三次元では三次元のほうが遥かに多いので大変ですが、

見やすいというところは助かります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kiso.pngdodai.png

1──────────2

2kaiyuka.pngkoya.png

3──────────4

koya-2.pngmoya.png

5──────────6

gosei.png

  1. 基礎伏図
    SketchUp講習会でobunoさんからお聞きしました方法を試してみました。
    右側にあるのが基礎断面図でそれを建て起こししまして
    プッシュ&プルツールでそれをガイドにして、基礎の立ち下がりを作りました。
  2. 土台伏図
  3. 二階梁伏図
  4. 二階小屋伏図1
  5. 二階小屋伏図2
  6. 二階母屋伏図
  7. 二階小屋伏図4
  8. 構造合成図

スキップフロアに基づいて段差があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 03:14:49

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)