趣味のためのSketchUpサイト > 描画のヒント > SketchUpで狭い部分の作図時のヒントとは
描画のヒント

SketchUpで狭い部分の作図時のヒントとは

モデリングをしてくるとだんだん狭い部分

特に洗面所、浴室等が書きづらくなってきます。

その場合、拡大したり、プルダウンメニュー/カメラ/カメラを配置、

ピボット、ウォーク等の機能を使います。

面倒だなぁ。などと考えていましたが、YouTubeのSketchUpチュートリアルをみていると

描画(L)をしている最中に、オービット(O)、拡大(Z)などの機能を使ってから

再度描画を続けています。

描画中に他の機能を選択すると描画の機能がリセットになると思い込んでいました。

新たな発見。残念ですがこの機能は画像では表現できません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

SketchUp

About 1q3

汎用実務に有用なSketchUpの使い方を紹介しています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月2日土曜日 01:58:20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)